舞鶴市立三笠小学校

創立当時の様子

創立時関連年表
昭和
13 



東舞鶴市制実施 
14  12  舞鶴要港部、鎮守府復活 
15  12  三笠小学校設置決定 
  三笠小創立、新舞鶴小学校第1校舎を仮校舎として入学式を挙行する。 
  15  校章決定する。 
16  13  第一期工事竣工し、新舞鶴小学校の仮校舎より移転する。 
  国民学校令により京都府東舞鶴市三笠国民学校と称する。 
  12  太平洋戦争起こる。 
17  校歌を制定する。 
18  27  舞鶴市と東舞鶴市が合併し、舞鶴市誕生。 
19  22  全校舎完成し竣工式を挙行、この日を本校創立記念日と定める。 

(本校沿革史年表より抜粋)

昭和13年8月1日に舞鶴市と東舞鶴市の市制実施、昭和14年12月1日、舞鶴鎮守府が復活し、軍事施設が拡張されるなど舞鶴海軍の重要性が高まるなか、人口も増加し、殊に東舞鶴市の児童数が激増した。殊に新舞鶴尋常高等小学校では、教室に入りきれない児童は廊下にまであふれ、窓をはずし廊下にも机を置いて勉強したという様子であった。児童数が3400名に達しようとし、その後も増加の様子が見られたため、1校を増設しなければならなくなった。
昭和15年3月12日、東舞鶴市字浜小字奥波崎に本校設置が府知事より認可された。校区は現在とほぼ同様で、当時戸数1586戸、人口6352人であった。
それに先だって同年2月に校地の整理に着手、4月より第一期建築工事に着工した。
昭和15年4月1日、東舞鶴市三笠尋常小学校が創立した。
新舞鶴小学校第1校舎(現白糸中学校)の大部分を仮校舎とし、午前11時より入学式が挙行された。新1年生は165名であった。
引き続き4月2日に新舞鶴小学校との分離式が挙行された。初代塩見校長以下17名の職員が任命され、児童数は854名、学級数は16学級であった。
校章は現在と同様で、東舞鶴市の市章を中央に銀色の鉾を三方に出したものである。
翌16年3月13日、校舎完成に伴い、新舞鶴小学校から現在の地へ2日間で移転を行った。
3月17日、新舞鶴小学校と本校の告別式が挙行された。続く3月19日本校開校式が挙行された。
3月20日第1回卒業式が挙行された。講堂はまだなかったため、廊下で式が行われた。138名の卒業生であった。
(三笠校 五十年の歩み寄り抜粋)



Copyright(C) 舞鶴市立三笠小学校. All right reserved.